ビタミンC 美肌効果UP

老化に負けない肌を作るコラーゲンの生成を促すためにもビタミンCが必要

以前からビタミンCは美肌効果があると知られています。
このビタミンCの働きについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
肌のハリや弾力を出すコラーゲンは、体内で生成されるものですが、年齢と共に減少します。
老化に負けない肌を作るコラーゲンの生成を促すためにもビタミンCが必要です。
コラーゲンを単体で摂取するのも美容には効果があるのですが、ビタミンCを併用することで美肌効果が上がります。

肌につけるのならビタミンCをそのまま使用するのはオススメできません。

ビタミンCは不安定な状態なので、「ビタミンC誘導体」を使用した方が効果が高いですね。
出来れば、その中でも「高濃度ビタミンC誘導体」が配合されているものを選んで下さい。
そしてスキンケアでは、ハンドプレスよりもイオン導入した方が、肌に浸透しやすくなります。
ビタミンC美容液では、ほとんどがビタミンC誘導体として美容成分の配合をしています。
肌につけるビタミンCは、ニキビ予防やメラニンを抑えてシミの予防が出来ます。
日差しの強い時期には紫外線ダメージも受けますが、その肌細胞を活性化して回復させるのにもビタミンCが作用します。
やはりオールマイティな美容ビタミンとして活用できます。
老化した肌にはコラーゲン量が少なく、アンチエイジングのためにも、内外からビタミンCを補給するのがオススメです。

食事でビタミンCを摂取する場合には気をつけた方が良いところもあります。
ビタミンは、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分かれています。
水溶性は水との馴染みが良く、脂溶性は油との馴染みが良いため調理方法を考える時に使い分けましょう。
ちなみにビタミンCは水溶性ビタミンなので、水との馴染みが良く、野菜を茹でた時に成分が流れ出します。
結果的に野菜にはビタミンCが残らず、体に入ってくる量は極わずかです。
茹でないと食べられない野菜なら、スープなどで汁ごと食べればビタミンCを逃すことはありません。
そして、ビタミンCは熱にも弱いのです。
加熱するだけでも、ほとんどのビタミンCが不活性な状態になるので効果を発揮しなくなります。
そのため、生野菜やフレッシュフルーツからしか摂取できないと思って良いでしょう。
加熱する野菜でビタミンCが残りやすいのは、レンコンだけだと言われています。

効果的にビタミンCを摂取したいなら、ビタミンCサプリも使用して下さい。
調理した素材から失われた分を補うビタミンC効果が得られます。
水溶性のため、ビタミンCには上限摂取目安が設定されていません。
体の中で余った分は、尿として排泄されるため健康被害は起こらないと思って良いでしょう。
美肌向けとしては非常に安全性の高い栄養素だと考えて構いません。
しかし、一気に3g以上のビタミンCを摂取すると、お腹が緩くなることもあります。

ビタミンCは外側からも内側からも美しさを守るために必要な栄養素です。
食事で不足するならビタミンCサプリも上手に活用して、美肌作りをしてみませんか?